書評:8冊目【TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド】

  • LINEで送る

 

タイトル:TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

著書:クリス・アンダーソン(著) 関 美和(訳)

出版社:日経BP社

 

~本について~

人前で話すのが怖くない人なんていない。
それは、失うものが大きいからだ。
だけど、心がけ次第で、恐怖をエネルギーに変えられる。
プレゼンの能力は、生まれつきの才能ではない。
だれでもが自分に合ったやり方を見つけて、上手に話す技術を身につけられる。

 

~著者について~

クリス・アンダーソン
TED代表兼キュレーター。オックスフォード大学を卒業後、ジャーナリストとして活躍。
100以上の雑誌やウェブサイトを成功させたのち、2001年に非営利団体のTEDを買収した。
TEDの精神「広める価値のあるアイデア」を世界的に広めた。米国ニューヨーク在住。

関美和

翻訳家。杏林大学外国語学部准教授。慶応義塾大学文学部・法学部卒業。ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。主な翻訳書に、『ジョナサン・アイブ』(日経BP社)、『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?』(プレジデント社)、『ハーバード式「超」効率仕事術』(早川書房)、『シェア』『MAKERS』『ゼロ・トゥ・ワン』(NHK出版)などがある。また、アジア女子大学(バングラデシュ)支援財団の理事も務めている。

 

~目次構成~

プロローグ

基本

1.プレゼンテーション・リテラシー

2.アイデアを築く

3.よくある落とし穴

4.スルーライン

ツール

5.つながる

6.ストーリーを語る

7.説明する

8.説得する

9.見せる

準備

10.ビジュアル

11.原稿を書く

12.通し練習

13.つかみと締め

本番

14.服装

15.メンタルの準備

16.ステージの設定

17.声と存在感

18.フォーマット革命

考察

19.パブリック・スピーキング革命

20.なぜそれが大切なのか

21.次はあなたの番

 

謝辞

訳者あとがき

付録 本書に登場するTEDトーク

 

~書評~

あなたは「TED」をご存知でしょうか??もちろん映画ではありません!笑

「TED」はTechnology(テクノロジー),Entertainment(エンターテイメント),Design(デザイン)の頭文字をとったもので、ニューヨーク市に本部があり、毎年大規模な世界的講演会TED Conferenceを開催している団体です。

詳しくはホームページとWikipediaを載せてますのでどうぞ。

公式ホームページ

Wikipedia

 

本書はTED代表のクリス・アンダーソンが著したプレゼンテーションについての本です!

どんな本なのか。分かりやすく最初のプロローグに書かれています。

 

この本の目的は、力のあるスピーチがどう奇跡を呼ぶのか説明し、そのための武器をあなたに提供することだ。だけど、はじめに言っておきたいことがある。

優れたトークにこれというひとつの型はない、ということだ。知識の世界はあまりにも広く、登壇者も、観客も、話す環境もさまざまだ。ひとつのの方程式をあてはめようとすれば、おそらく逆効果になる。聞き手はそれを見抜き、操られていると感じてしまう。

だから、この本のアドバイスを、ひとつの型にはめるための「ルール」だと思ってほしくない。逆に、変化を生むための「ツール」だと思ってほしい。(中略)あなたの仕事は、何か価値のあることを、あなたにしかできないやり方で語ることだ。

 

TEDの使命は、力のあるアイデアを広め育むことだ。だから、この本の目的はTEDトークの方法を教えることだけじゃない。それよりはるかに広いものを、この本は目指している。

それは、ありとあらゆる形のパブリックスピーキングを手助けすること。つまり、ビジネスで、教育の場で、公の場面で、説明したり、刺激したり、情報を提供したり、説得したりするのを助けることだ。

 

この本には、目次の構成からも分かる通り、プレゼンテーションを始めるところから、終わりまで、つまりどのような考え方(基本)、どのような形式で話すのか(ツール)、どのように準備し、本番はどの様にふるまうことでパフォーマンスを上げるのかが書かれています。

そして最後に、パブリック・スピーキングにおける”プレゼンテーション・リテラシー”がこれからの時代にますます重要なスキルになっていくことを、いろいろな角度から考察して、本書が締めくくられています。

 

また、この本では「アイデア」という概念があり、これがどのようなもので、どのように伝えるかが、パブリックスピーキングの成功のカギになります。

 

講演者のいちばんの使命は、自分が心の底から大切にしている「なにか」を取り出して、聞き手のこころのなかにそれをもう一度築き上げることだ。その「なにか」を、僕らはアイデアと呼ぶ。

この本は、価値あるアイデアを持つ人なら、だれでも力のあるトークができることを大前提にしている。

パブリックスピーキングで本当に大切なのは、自信でも、存在感でも、口のうまさでもない。「語る価値のあるなにか」を持っていることだ。

世界の見方を変えてくれるものはなんでも、「アイデア」だ。人の心の中に説得力のあるアイデアを植え付けられたら、奇跡を起こしたことになる。本当の意味で、あなたの一部が彼らの一部になったということだから。

 

人前で話す時に緊張するのは当たり前のことです。読書会と場合もそうですし、社内での企画発表やセミナーを開くときなど、人前に立って、何かを伝える機会のあるすべての人に本書をオススメします。

 

~感想~

この本のいいところは何でしょうか?

僕が読み終わった時に驚いたのは、内容の濃い本であるにもかかわらず、非常に読みやすかったことです。

この本は①内容が分かりやすいこと、②文章が流れが自然で、サラッと読めること③どの章からでも読めること、の3つを満たしている優れた本なのです。

僕自身が読もうと思ったきっかけは至極単純な理由で、僕自身が人前で話す時に緊張することと、TEDのガイドブックというものに純粋な興味があったことです。

 

普段、TEDの動画からは登壇者から緊張感はあまり見えず、「プレゼンの達人」のようなオーラがあります。

しかし、この本を読めば登壇者それぞれの、苦手なことや得意なこと、そして「弱み」をどのように克服したのかが具体的に書かれています。

例えば、イギリスの労働党党首のトニー・ブレアは自身の過去の失敗を自虐ネタに換えて、笑いと信用を勝ちとったし、マイクロソフトのビル・ゲイツは、その昔話し下手だったが、真剣に練習するに取り組むことで苦手意識を克服し、心に残るトークを生み出した、とのエピソードがあります。

これは私たちにとって大きな励みになります。

私たちでもしっかりと準備をし、本番までの練習を怠らず、プレゼンテーション・リテラシーを身につけようと頑張ることであのような人々に影響を与えるトークができるかもしれないのですから。

 

他にも数々のTED登壇者たちのエピソードが満載ですので、興味が湧いた方ぜひ一同手に取ってみてはいかがでしょうか??

 

~併せて観ておきたい動画~

クリス・アンダーソン:大衆話すことのためのTEDの秘密

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。