書評:2冊目【経済は世界史から学べ】

  • LINEで送る

タイトル:経済は世界史から学べ!

著者:茂木誠

出版社:ダイヤモンド社

~著者について~

茂木 誠(もぎ・まこと)
東京都出身。駿台予備学校世界史科講師。
「東大世界史、難関国立大世界史」等の講座を担当する実力派。

時間軸と空間軸をクロスさせたストーリー仕立ての講義は、
「歴史の流れ」がわかると大好評。予備校の東大受験クラスから
進学率ゼロの高校に通う現役生まで、あらゆる学力の生徒を教えるテクニックがある。

予備校講師とは別に、現代ニュースを歴史的な切り口から考察する
『もぎせかブログ』を運営するブロガーとしての顔も持つ。

著書に『センター試験世界史B・よく出る過去問トレーニング』(中経出版)、
『テーマ別東大世界史論述問題集』(共著・駿台文庫)、
『9割とれる最強のセンター試験勉強法』(共著・中経出版)、
『これで納得! 戦後欧米史(DVD)』(ジャパンライム)などがある。一般書の執筆は本書が初。

 

~書評~

・本書のはじめにこの本の対象者が書かれていました。

〇『日経新聞』などを読んでも根本的なことがどうもわからないという方

〇「教養としての経済学」を学ぶ機会がないまま社会人になってしまった方

〇子供の素朴な疑問にうまく答えられなかった方

〇通貨・金融・為替・貿易などが「なぜそうなったのか」を歴史的に学びたいという方

・経済学の基礎知識があれば、ニュースが理解できるようになるため、ビジネスマンはもちろん、学生や主婦も、基礎教養として経済のことを知っておく必要があると思います。というのも、天文学や文学と違って、経済は自分の生活に直結しやすい分野ですから、知っておくと何かと役に立つ場合が多いと思います。

・本書は<なぜ、1万円札には「1万円の価値」があるのか>から始まり、お金の成り立ちについて(第1章)、世界経済や国際通貨の歩み(第2章)、貿易 (第3章) 、金融(第4章)、財政(第5章)に関しての歴史的な出来事とその背景について、最低限度知っておくべきことについて書かれています。

 

・具体的には、日本がバブルに突き進むきっかけとなったプラザ合意からバブル全盛期、バブル崩壊後の「失われた20年」と言われた大不況までの流れや、世界の覇権がイギリス(ポンド)がアメリカ(ドル)に移っていった背景。さらにEUとユーロから見る欧州統合の限界。どれもニュース等で聞いたことがあるけど、その問題の本質や、自分にどういう影響を及ぼすかよくわからない方も多いのではないでしょうか??

 

・そういう方は本書を最初に読んでほしいです。最後に「読書案内」が付いてあり、本書を読んだ後、それらの本を読めば、さらに理解が深まるようになっています。

 

~感想~

・経済史関連の本で10万部売れているというのは珍しいなと思い、本書を手に取って読んでみましたが、本書がほかの本と違う点は主に2点あると思います。

・一つは時系列にまとめているのではなく、「トピックス別」になっていることである。お金の歴史や金融の歴史にまとめていると、集中して読むべきところが明確になり、いわゆる「読書疲れ」が起こりにくい。

・もう一つはニュースの本質を理解する目的で書かれた本ですので、今の問題とリンクしています。私は、歴史は出来事を「点」で捉えるのではなく、今につながる「線」として理解できるところに面白さ(醍醐味)があると考えていますが、本書はまさにその醍醐味を体現している本です。

・ただ、本書はあくまで「経済」への入り口の本であり、本書1冊の知識では不十分であるように思われます。「書評」に書きましたが、本書を読了した後は、もっと深い歴史(経済史)についての本を読むと、より一層面白いと思います。

・私自身も歴史は好きなので、また経済史に関する本をご紹介するかもしれませんね。乞うご期待!

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。