開催レポート:5/18(土)

  • LINEで送る

みなさんこんばんは!

最近開催レポートをアップできてなくて、すみません!

さぼりがちな自分の悪いところですね…

さて、2019年5月18日(土)の読書会ではこんな本が紹介されました!

 

紹介された本

著書:世界一やさしい問題解決の授業

著者:渡辺 健介

出版社:ダイヤモンド社

 

 

著書:女の馬鹿は死ぬまで治らない

著者:ジャッジ・ジュディ著、小川 敏子訳

出版社:講談社

 

著書:図で考える人は仕事ができる

著者:久垣 啓一

出版社:日本経済新聞社

 

盛り上がった話題・議題

『図で考える人は仕事ができる』『世界一やさしい問題解決の授業』

の2冊は内容的に非常に似ていて、

・どうやって問題解決をするか?

・どうやって構想を練り、計画を練り、実現させるか

などを具体的に書かれた本でした。

『図で考える人は仕事ができる』は経営者やプロジェクト等に携わる社会人向け

『世界一やさしい問題解決の授業』は中学生から大人向け(個人にフォーカスしてる?)

という視点で、若干アプローチが違いますが、共通している箇所が多かったです。

 

例えば、

  • アイディアの洗い出しをするため、思いつくことを全て紙に書き出すこと
  • アイディアを体系化させるために図を作成すること
  • 優先順位をつけたり、適切でない手段を潰すことでやり方を絞る

などですね!

 

そして、タイトルから内容を誤解されやすいですが、

『女の馬鹿は死ぬまで治らない』は、

馬鹿な男に媚びへつらう女は、自立できないよ

ということを述べていて、基本的に男性をけなし、女性を応援する本とのことです!(むしろ女性に読んで欲しい本と紹介されました!

男性からの収入がライフラインになっているうちは、男性を失う=死ですから、

どうしても女性は弱いう立場になりがちです。

なのでこの本では、

経済的に自立し、自分で稼げるようになった上で結婚しなさい。

そして、自分が(夫に対し)妥協できる点を明確にしなさい。

と言われていました。

 

また、「稼げるようになると旦那の嫉妬を買う」と言う方がいるかも知れませんが、そういう悪いパートナー(夫)を選んだあんた(女)のセンスがなかった

と言うことだそうです。

 

私個人としては、自立している女性がパートナーだと、安心しますが、

中には、自尊心が傷つけられる男性もいると思います。

そう考えた時に「求めるパートナーの人物像」を明確化しておくのは重要だと思いました。

 

年齢や年収などの「客観的な指標」ではなく、

妻に対してであれば、どのくらい子育てとキャリアを重要視しているかであったり、

夫に対してであれば、家事や子育てに対してどのくらい主体的に動いてくれるのか、

など、トータルで見た時の理想のパートナー像をどこまで考えているかです。

 

あなたにとって理想のパートナーはどんな人ですか?

そして理想のパートナーが見つかりましたか?

あるいは、パートナーがいる人は理想的な人でしたか?

違うとしたらどうやってお互いにとって良いパートナーシップを築きますか?

 

もう一度考えてみるのも良いかも知れませんね。

 

参加申し込み

このブログを読まれて少しでも、興味を持たれた方、参加してみたいな、と思われた方はぜひ一度遊びに来てみてください!

経済に詳しくなくても、読書を始めたての方でも大歓迎です!

申し込みは下記「イベント案内」から行うことができます!

https://economic-bookclub.com/event

あなたにお会いできるのを心より楽しみにしております!

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。