日本の読書量トップ7%に入るのは意外と簡単!?

  • LINEで送る
今回は日本人の中で、読書量トップ7%圏内に入るのが簡単な理由を説明します。
結論から言えば、文字通りに”誰でも”トップ7%以内に入れます。

日本人のほとんどが非読書家

文化庁が発表したH25(2013)年「国語に関する世論調査」によると、
“1か月に読む本の冊数”について、下記のような結果が出ています。
  1. 「1冊も読まない」が47.5%
  2. 「1,2冊」が34.5%
  3. 「3,4冊」が10.9%
  4. 「5,6冊」が3.4%
  5. 「7冊以上」が3.6%
赤文字の数字を要約すると、
  1. 1か月2冊以下の人が全体の82%にのぼる。
  2. 1か月3冊以上読めば、日本人の位18%(100-82%)の読書家。
  3. 10日に1冊のペースで読めば達成できる。
この記事を読まれている方の中にも、1か月間に3冊以上本を読まれている方もいるのではないでしょうか??
 
 
青文字の数字を要約すると、
  1. 1か月5冊以上読む人は日本人の上位7%の読書家。
  2. 6日(約1週間)に1冊のペースで読めば達成できる。

いかかでしょうか??

読書が習慣になっていれば、決して無理な領域ではないように思います。

 

簡単に読書量の上位7%入りを達成する方法

1週間に1回でも読書会に参加すれば、赤文字ライン(3冊/月)は簡単に達成できますし、

合計で毎月5回以上参加できれば、見事上位7%入りになります。

 

簡単に“と書いた理由を述べますが、読書会に参加することによって、

実用的な知識が身につき、自己成長ができ、なおかつ読書量上位7%の高スキル人材になれる可能性がでてきます。しかも、楽しく読書を継続できる環境がある。

私はこの点でも、読書会は優良な環境だと思います。

 

ちょっと自慢できるスキルとして、「読書」を選択するのはいかがでしょうか?

誰でも無理なく、全国トップ7%の人しかもってない稀少なスキルを手に入れられます。

 

参加申し込み

この記事を読まれて少しでも興味を持たれた方、参加してみようかなと思われた方は、ぜひ一度遊びに来てみてください!

経済に詳しくなくても、読書を始めたての方でも大歓迎です!

読書会でお会いできるのを心より楽しみにしております!

 

参加申し込みはこちら

 

 
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください