ブログ:あなたの人生の残り時間

  • LINEで送る

※このブログはショッキングな内容を含む可能性があります。

それでも良いという方はお進みください。

 

時間=人生

「死」と向き合うのは非常にメンタル的にも重苦しく、深い内省が必要なため、たいていの人は避けがちです。

ただ、人生において「どのように死を迎えるか」、という問題は、

結局のところ、「どう生きるか」に帰結すると思うんです。

リンダ・グラットン『LIFE SHIFT』(東洋経済新報社)にもある通り、「人生は80年」だった時代から「100歳まで生きるのが当たり前の時代」に突入しつつあります。

その時にどんな働き方、どんな家族や友人、どんな資産を持って死ぬかは非常に重要な課題になってきます。

今回はそれらを選ぶうえで最も重要な要素である「寿命」ということについて書いていきます。

 

人生は何秒?

100年生きると仮定した際の人生の時間は、簡単な算数の知識で求められます。

つまり、

100年=60秒×60分×24時間×365日×100年*

=3,153,600,000秒=31億5360万秒です。

 

*100年の部分を換えれば残りの寿命をざっくり計算できる。例えば、現在30歳であれば100-30=70年にすればよい。

 

「億単位」だと感覚がつかみにくいので細かく区切っていきます!

また、秒単位だと意識しづらいので、日常生活でよく使われる「時間単位」で表します。

 

1時間=60分

1日=24時間➡

1週間=168時間(①×7)

1ヶ月= 720時間(①×30)

1年=8760時間 (①×365)➡

20年=17万5200時間(②×20)

100年=87万6000時間(②×100)

 

あなたが自由に活動できる時間

ここからさらに「自由に活動できる時間」を計算しますが、2つの条件を入れます。

  1. 基準は第六十八回 日本統計年鑑 平成31年に基づくこと。
  2. 今回は計算しやすいように端数を四捨五入して「大まかに」計算すること

 

「第六十八回 日本統計年鑑 平成31年」によると、

日本人の全世代(10歳以上)、平日・休日を含め、男性の場合、以下のようなデータが出てます!

 

  • 睡眠:7時間46分(32%)
  • 食事:1時間36分(6%)
  • 仕事:5時間43分(24%)

※仕事に関しては20-74歳のデータで計算しています。

※( )内は、1日の中での割合を計算しています。

 

★合計すると、約15時間(62%)ほどをこの3つに費やしているわけです。

 

私の寿命

私の寿命を例にとってみましょう!

 

私は現在25才と約半年(6ヶ月)経ったので、残り74年と半年とした場合は、

 

②×74年+720時間×6ヶ月なので、

64万8240時間+4320時間=65万2560時間

 

活動時間は、×2/3をすればいいので、43万5040時間

仕事と食事の時間は、3割の19万5768時間なので、

43万5040時間-19万5768時間=23万9272時間

 

★つまり、睡眠、食事、仕事の時間を除けば、私の人生の活動時間は24万時間もないわけです。

つまり、1万日切ってます!

 

寿命をどうとらえるか

皆さんは24万時間(1万日)というのを聞いてどう思うでしょうか??

永いですか?それとも短いですか?

いろいろな解釈があってよいと思います。

 

しかし、いやな仕事に時間を費やしたり、目先の快楽を追いかけて、人生で本当にやりたかったことや、やるべきことができないまま人生の終わりを迎えるのは、非常に不幸なことだと思います。

 

お金と違って「時間」は取り返しがつきません。

スマホでゲームやチャットをしているときも、読書をしているときも、旅行に行っているときも、刻一刻と寿命は短くなっていきます。

 

この記事を読んだ後、是非ご自身で紙に書いて、「残りの寿命を計算してみてください。

 

今のあなたの時間の使い方はどうでしょうか?

今のままで問題ありませんか?もっと違うことに使いたいですか?

使うとしたらどんなことに時間を使いたいですか?

もし、今の自分を換えたいのであれば、

今まで使っていた時間配分・優先順位を見つめ直してみてはいかがでしょうか??

 

…………………………………………………………………

注)この記事では、わかりやすさや、計算のしやすさを優先し一部厳密さを欠く部分があります。

具体的には、1か月を30日と置いたり、ざっくり活動時間を2/3として計算していることなどです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。